2015年12月07日

DNSサーバリプレイス話APowerDNSとNSD

この記事はDNS Advent Calendar 2015 - Qiitaの7日目の記事です。

Route53への移行は早々にターゲットから外れることになったPJでしたが
ここで僕は前職から実用検証を実施していたPowerDNSのことを思い出しました。

PowerDNSは権威サーバ専用(フルサービスリゾルバであるPowerDNS Recursorは別のプログラム)で
・バックエンドにDB(基本はRDBMSだがNoSQLも使えるらしい)を使うのでデータ管理が容易
・サードパーティからGUIがリリースされている(PHP製、Rails製などさまざま)
というのが特徴です。

特筆すべきはやはりGUIの存在で、ゾーン情報変更が簡単!というところでしょうか。
前職の時検証していたのも、オペレータにDNSの運用管理を委譲するためでしたし。

ところがバックエンドにDBを使うのでテキストファイルを処理するBIND9よりも
パフォーマンスは若干劣り、NSDには大差をつけられるという問題がありました。

そこで多いのはPowerDNSとNSDの併用です。今回は上司の案で
マスターにPowerDNS、スレーブにNSD2台(NSレコードの対象はこの2台)
つまり、PowerDNSで設定管理を容易にしつつ、NSDをフロントに置いて
パフォーマンスを確保するというやり方ですね。

しかしこれについては先日触れた「NSDをスレーブにすると毎回全ゾーン転送する」
という問題があり、それを7000ゾーンでやられたら困るなということになり…

次回に続く。
posted by maroon at 23:38| Comment(0) | IT_設定関連メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。