2013年04月28日

[速報版] #自宅ラック勉強会 3.0 Kickstartサーバ構築

あとでちゃんとまとめるつもりで、一旦メモ。

ベースの手順:参考にしたサイトは以下。ただしhttpを使っている部分はNFSに変更したりした。
http://blog.layer8.sh/ja/2011/12/21/pxe%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%96%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%A7centos%E3%82%92%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%ABkickstart%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B/

CnetOSのISO imageをSCPでコピーしてmount
mountしたところからファイルを配布用ディレクトリ/kickstart/isos/に丸コピ
unmountしてISO imageを削除

anaconda-ks.cfgをコピーしてきてKickstart用のconfigファイルに仕立てあげるんですが、その時役に立つのが以下サイト。オプションの解説が書いてある。
https://access.redhat.com/site/documentation/ja-JP/Red_Hat_Enterprise_Linux/6/html/Installation_Guide/s1-kickstart2-options.html

「未使用のディスクに書き込みしていい?」「パーティション作成時のオプション」とかがなかなかスキップできなかったので、自動でパーティション切らせるのをやめて、パーティショニングも設定に書いた。参考にしたのは以下サイト。
http://mikeda.jp/wiki/linux:%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB%E8%87%AA%E5%8B%95%E5%8C%96:kickstart

あとで設定変更手順と作成・変更したファイルの内容を書き出すよ
とりあえず一旦ここまで。
posted by maroon at 16:55| Comment(0) | IT_勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。