2013年01月15日

XenServerがまだよくわかってない件

とりあえず全然使ってなかったXenServerを使おうと思って
XenCenterでアクセスしたらExpiredしてた(当然だけど)

60日でExpireするけど、無償制限付ライセンスを1回入れればおkなESXiと違って
XenServerは定期的にライセンスファイルを取得して
更新してあげないといけないようです。

ぐぐってもいい感じの情報が得られなかったので
ライセンスファイル取得→Applyまでだいぶ時間がかかってしまいました。

1)XenCenterの警告(?)画面からフォームに行く(右から2番目のボタンを押下)
2)フォームに記入してsubmitすると、ライセンスキーファイルがメールで送られてきます。
3)1)の画面からライセンスキーをアップする(右から1番目のボタンを押下してファイル選択)
でOKでした。

しかし警告画面からでないとフォームに遷移できないですね。。
少なくとも僕の能力ではCitrixのサイトから辿っていくのはムリでした。
Citrixの流儀がまだよくわかってない感じです。

VMwareも最初よくわからなかったんですが
最近は段々使い方がわかってきて、面白くなってきました。

しかしXenCenter、vSphereClientと比較すると明らかに使いにくいですね。。
特に、ローカルのISOファイルが使えないとか意味が分からない。。
もうちょっと調査&習熟が必要ですね。これは。。

個人的にはSSH接続で設定変更できるところや
ハードウェア要件がゆるい(というよりESXiがきつすぎる)ところなど
XenServer自体には美点もあるにはあるのですが。

操作感と機能面、そしてわかりやすさでは
VirtualBoxがダントツだと思っているものの
アレは仮想化ソフトウェアとしてのカテゴリが違いますから
比較するなという話ではあります。。

とはいえ、最近は専らESXiばかり使っていて
VirtualBox触る頻度が激減したんですが。

Windows Server 2012とWindows8ProのHyper-Vも
試してみないとなぁ。

あ、あと、KVM。。。
posted by maroon at 00:50| Comment(0) | IT_設定関連メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月06日

#自宅ラック勉強会 1.0 2013

本日は自宅ラック勉強会でした。
http://atnd.org/events/35271

元々は「SNMPマネージャ祭りを1/14にやる!」ということが先に決まっていて
「前段でVPN祭りやりませんか」というお話があったので開催した次第。

各自機器を持ち寄って、自分の構築したいVPNを構築する。
そんな感じの勉強会になりました(予定通りw)

勉強会全体としては、2つのWANセグメントを作って
それぞれに機器を設置してVPNを張ってみましょうという内容。
機器はCiscoが多かったですが、IXやFortigateでやってる人も。
一方で自分で持っていっておきながらNetScreenは全く触らずw

そもそも僕はBox-to-BoxのVPNは自分ではやるつもりなくて
当初の予定通り自宅のESXi環境にOpenVPNサーバを構築してました。
VPNはVPNだが全然毛色が違うw

もっとも、サーバ設定して起動するところまではいったんですが
なぜか接続できず・・・これはとりあえず後日の課題と言うことで。

おおむねこちらの記載手順に従って構築しました。
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/special/openvpn/openvpnc.html

あとはところどころこちらも参考にしてました。
オフィシャルだけあって情報量抜群でございます。
http://www.openvpn.jp/howto.html

今回使ったのはCentOS5.8ですが
yumで入れるときにリポジトリの追加とかいるんで
それはこの辺読んで解決しました。
http://centossrv.com/openvpn.shtml
http://centossrv.com/rpmforge.shtml

注意するポイントとしては
1)毎回のことだけど、pathが変わってることが多々あるので
  見つからなければ自分で掘り進むこと。
2)手順ですとサーバ証明書とCA証明書とサーバ鍵くらいしか
  コピーしていないんですが、実際には
  client.confの設定変更とclient証明書のコピーも必要でした。
  しないとサービス開始に失敗する。。

とりあえず接続できない件は継続調査ということで
進展がありましたらまたここに書こうと思います。
posted by maroon at 22:56| Comment(0) | IT_勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月01日

2012年の振り返りと2013年の抱負

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

■仕事(2012)
2回目の転職をして、3社目に入社しました。
前の会社はネットワークエンジニアとして入社したのですが
気がついたら会社からネットワークの仕事自体がなくなっており
ネットワークエンジニアに復帰したいということで転職するに至りました。

ところが、
アサインされたプロジェクトは、コンフィグレーションよりもドキュメンテーションのほうが時間が長い。。
アサインされたポジションはリーダーで、管理業務がメインで機器あんまり触れない。。

とはいえ得られるモノもありまして。
既存のネットワーク構成から読み取れる技術的ノウハウもありますし
常駐先が大手NIベンダーということもあり、社内に蓄積された情報に
アクセスできるのはかなり有益であると言えます。

また自社にも資格取得の支援制度がありますんで、
こちら活用して、まずはCCNPを目標にしていこうと思います。

■勉強会(2012)
実はあんまりちゃんとまとめてないので
いくつ勉強会行ったか覚えてないんですが
アウトプットの回数は多くなったものの
もうちょっと技術的に突っ込んだアウトプットを
しないとマズいな、という反省点もございました。

自宅ラック勉強会枠でtremaハンズオンをやったり
Fortigateハンズオンのサブ講師やったり
やはり自分はネットワーク寄りの人間なんだなぁと
思わずにはいられませんでした。

■プライベート(2012)
転職がきっかけになったかたちで
産業技術大学院大学のプロジェクトマネジメント・プロフェッショナルスクールに通い始めました。
http://aiit.ac.jp/certification_program/project_management/index.html

僕はユニット3からの参加で、ユニット3は12月からなので
まだはじまったばかりで授業も2回しかしてないんですが
とりあえずフレームワークと実務の折り合いをつけて
どうやってうまくやっていくか考えていこうと思います。

■2013の抱負
実は2012年に体調を崩しており、まだ本調子ではありません。
なので、まずは病気を完治させて完全復活を果たすことが
最大の目標になります。

なので、ムリしすぎないように気をつけつつ
仕事したり学校行ったり勉強会やったりしていこうかと。

技術的な目標としては、私はなんと言っても
ネットワークエンジニアですんで、ネットワークの技術向上が
第一優先になります。
ただ、これからの時代インフラエンジニアには幅広い知識が求められるわけで
ネットワークを軸にしてサーバ(OS・ミドルウェア)・開発にも手を広げていこうかと。
「広さがウリになるようなインフラエンジニア」を目指していきたいですね。

勉強会は、実は2013年にもう3つ企画していますw
僕が主催する勉強会はこのサイトにまとめていく予定なので
こちらをチェックしていただけると幸いです。
https://sites.google.com/site/studyportal0/
posted by maroon at 21:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。