2012年12月13日

OpenBlockS A6 にunbound1.4.6をインストール

購入以来寝かせていたOpenBlocks A6(Aシリーズのちいさいほう)を
DNSキャッシュサーバとして運用することにしました。

以下ざっくりとした手順。

1)unboundのソースをゲットする
cd /var/tmp
wget http://www.unbound.net/downloads/unbound-1.4.6.tar.gz

2)解凍
tar xzf unbound-1.4.6.tar.gz

3)コンパイル
cd unbound-1.4.6
./configure

・・・ここで詰まる。

checking for SSL... configure: error: Cannot find the SSL libraries in /usr/local/ssl /usr/lib/ssl /usr/ssl /usr/pkg /usr/local /opt/local /usr/sfw /usr

SSL関係ではじかれておる。

4)SSL関連モジュールをインストール
apt-get install build-essential libssl-dev libexpat1-dev
上記でうまくいかない場合は
apt-get install libssl-dev

でやると確実に進める。

5)あらためてコンパイル
./configure
make
make install

ちなみに、後述する岩崎さんの記事の記述と
pathが違うので注意。

OpenBlockSのLinuxがDebian系だからだと思われる。

■unbound.confのpath
/usr/local/etc/unbound/unbound.conf

■unboundバイナリのpath
/usr/local/sbin/unbound

■起動
/usr/local/sbin/unbound -c /usr/local/etc/unbound/unbound.conf

configについては以前書いたので割愛。あれから特に変更してないので。

☆参考URL
岩崎さんによるunboundの記事。
unboundに関しての記事としては定番中の定番。
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/special/unbound/unbounda.html

あとはlibsslとかldnsとかについてはこのへん見ながら
http://lost-and-found-narihiro.blogspot.jp/2010/12/how-to-build-unbound-147-on-ubuntu-1004_07.html
http://lost-and-found-narihiro.blogspot.jp/2011/01/how-to-compile-unbound-147-on-centos55.html
http://ubuntuforums.org/showthread.php?t=1089321

ちなみに今回は1.4.6をインストールしましたけど
このまま1.4.6を使い続けるつもりはありません。
脆弱性があるから!

というわけで後日1.4.19あたりのセットアップにチャレンジします。
でもあれOpenSSL周りでひっかかるんじゃなかったかな・・・。

あとOpenBlockSでいろいろやるときは必ずマニュアル読みましょう。
そして設定したら
flashcfg -S
を忘れずに。
posted by maroon at 00:30| Comment(0) | IT_設定関連メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月10日

ネットブックでのbonding

CentOS5.8をインストールしたネットブックに

BUFFALO 10/100M USB2.0用 LANアダプタ (Wii&MacBookAir対応) LUA3-U2-ATX
http://www.amazon.co.jp/dp/B002IT5ZPG

を接続してみたところ、あっさり認識してeth2になりました。
なぜeth1じゃないのか謎ですが。

オンボードのeth0とeth2を使ってbonding組めました。
全く敷居は高くなかった。

ちなみに、いまだに5.8を使っているのは
6.2だとNICの認識がおかしいからです。
あれなんなんでしょうね…。

マイクロタワーサーバでムリにbonding組む必要もなくなったから
InfiniBand検証に使おうかなー。

まずはボードとケーブル買わなきゃだけど(白目
posted by maroon at 02:10| Comment(0) | IT_設定関連メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PRIMERGY MX130 S2にESXi5.0をインストール

富士通のエントリーサーバPRIMERGY MX130 S2に
ESXi5.0を入れてみた。

入れるのにサーバにH/W的な手を入れた。

1)メモリ増設(2GB→16GB)
搭載メモリが2GBだと、実際の容量が2GB切るので
インストール時にエラーが出る。
ESXiは2GB以上が必須条件、4GB以上が推奨条件です。

2)CPU交換(Sempron 145→Sempron X2 190)
はじめからついてるSempron 145は1コアCPUなのでエラーが出る。
2コア以上じゃ無いといけないらしいので、
2コアで動作確認報告があがってて
かつ一番安価なSempron X2 190につけかえてみた。
グリスは必要だけれど、ファンは流用できるのでリテールで買う必要ないかも。

ちなみに標準搭載されてるヒートシンクはネジにクセがあって
外れたんだか外れてないんだかよくわからないので注意。
押し込んで回せばうまくいくみたい。

これですんなりセットアップ完了。
実際に弄ってみるのはこれからですが。
posted by maroon at 01:57| Comment(0) | IT_設定関連メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。